TOP
42.38score

miyuki101010

スポンサーKataribe

お肌は桃だと思うべし!敏感肌のスキンケア

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


昨今、自分のことを敏感肌だと思う方が増えているそうです。

そんな私もときどき敏感肌な一人。
敏感肌さんは普段のお手入れにも気を使いますよね。

敏感肌のスキンケアのポイント、ずばりそれは
『お肌は桃だと思ってお手入れする』こと!!!

要は『とにかくやさしく』しましょうねってことです。

桃って??と思う方もいらっしゃるかと思いますが、あの果物の桃です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


桃は産毛みたいなのが生えてるし、ピンクだし、実の部分はやわらかいし、
人の皮膚になんとなく似てると思いませんか?

そんな桃をお手入れしようと思ったら、くずれないようにそ~っと、
めっちゃやさしくしないと崩れちゃいますよね?

お肌にもそれくらいやさしいスキンケアを心がけましょう。

肌表面の角質層はラップと同じくらいか、人によってはそれよりも薄いのです。
ほんの些細な摩擦でもキメが乱れて肌のバリア機能が崩れてしまい、
肌トラブルにつながってしまいます。

「やさしく」といってもどうすればよいかイメージが湧かない方のために、
以下にポイントを4つまとめます!

【①クレンジング料はオイル・シート以外を使う】
オイルタイプ・拭き取りシートタイプのクレンジングは、
摩擦と洗浄力が強いので、敏感肌の方にはおすすめしません。
しっとりするジェルやクリーム、メイクが軽い方はミルクタイプなどに切り替えましょう!

【②洗顔は「泡」でおこなう】
洗顔時の泡立ては十分に行うことが大切です。
泡の目安はレモン1個分!
意外と少ない方、多いのではないでしょうか?
「手で洗う」のではなく、たっぷりの「泡で洗う」イメージで洗顔しましょう。

【③やさしくおさえるように、たっぷり保湿】
化粧水や乳液を付けるときの手にも要注意です!
無意識にこするような手つきで行っていませんか?
やさしーく、肌に「なじませる」イメージで保湿しましょう。

【④ベースメイクもやさしく】
意外と見落としがちなのが、ファンデーションや下地を付けるとき!
パフやスポンジ、ブラシなどでお肌をぐりぐりしていませんか?
やさしいタッチで付けたほうが、仕上がりもふんわりナチュラルになりますよ。
スポンジなどは肌の上をすべらせるようにして、くれぐれも力を抜くことをお忘れなく。

-----------------------------------------------------
スキンケアは毎日おこなうもの。
桃のようにデリケートなお肌は、とにかくやさしくお手入れすることが大切です。
ちょっとした心がけで、敏感肌で悩まない美肌を目指しましょう♪

.

最終更新日:2016-02-27 19:13

コメント (0)